オナニーグッズ

A10サイクロンSA+PLUSとVR映像で最強オナニーを体験!【注意点も】

2021年3月18日

電動オナホとしての評価が高いA10サイクロンSA +PLUS(プラス)を購入。

VR映像と連動した際の感想や使用していくうえで気付いた点をこちらのページでまとめました。

こちらのページで知れること

  • A10サイクロンSA+PLUSの詳細
  • A10サイクロンSA+PLUSをVR連動して使った感想
  • A10サイクロンSA+PLUSを実際に使って気付いたこと【注意点】
  • 保管方法やメンテナンスについて(もし壊れちゃったら?)
  • OculusQuest2でのVR連動について
管理人
VR連動機器は気にはなっているけどイマイチ手が出しずらい。そんな方に読んでいただければ幸いです。

 

A10サイクロンSA+PLUSはどんなオナホ?

A10サイクロンSA+PLUSは回転式電動オナホールです。2018年7月にリリースされ記事更新時もなお売れ続けている電動オナホールです。

A10サイクロンSA+PLUSの販売ページを見る

 

こちらの電動オナホの大きな特徴の一つとして映像の女優さんの動きに合わせて電動オナホが連動する機能がある点。(もちろん単体使用も可能です。)

オナホ連動にはアダルトフェスタよりリリースされた作品が対応となり、それぞれの対応する機器を使うことでより没入感の高いオナニーを体験することができます。

 

こちらはVORZE公式(メーカー)のA10サイクロンSAについてのYoutube動画↓↓↓

上記の動画を見ればA10サイクロンSA+PLUSについてある程度は理解できるかと思います。

 

製品仕様については以下の通り↓↓↓

外装サイズ 全長325×全幅210×高さ135mm
総重量 2210g
本体サイズ 全長293×全幅116×高さ116mm
本体重量 1400g(ホールを除く)
付属品 ご利用ガイド(体験動画QRコード付き)、マイクロUSB充電ケーブル、VORZEスムースローション 50ml、A10サイクロンSA専用ホール メデューサ
連続稼働時間 約2時間※1
電源・電圧 USB充電(1A以上推奨)
充電時間 約5.5時間

※1 連続使用環境や機能の設定状況などにより、稼働時間が減少することがあります。

出典:VORZE A10サイクロンSA-仕様-より

A10サイクロンSA+PLUSが届きました【内容物をチェック】

A10サイクロンSA+PLUSの付属品には本体、充電ケーブル、取扱説明書のほかに

  • 専用のオナホール(メデューサ¥2,500円相当)
  • VORZEスムースローション 50ml

がついています。

上記のローションに関しては50mlなので数回の使用でなくなってしまうといった感じでしょうか。付属品なのでちょっと物足りない感はありますが、これでとりあえずオナニーできますね。

もし、容量に不安であれば一緒に別売りのVORZE スムースローション 145mlを購入しておくことをオススメします。

では早速使ってみます。

 

専用ホールのクオリティーが高い!装着も簡単だった

専用ホールについての質感は以下のようにプルンプルン。ホール自体はかなりやわらかいです。

画像は専用ホールのメデューサ

専用ホールの内部は無数の突起があります。こちらはホールの内部を開き撮影した画像です↓↓↓

オナホメデューサの内部

管理人
チ〇コを挿入すると全体をまんべんなくニュルニュルと包み込む感じ。無数のイボが次々亀頭に当たるような使用感が得られます。回転中にオナホを前後することで気持ち良さがさらに倍増!

また、A10サイクロンSA+PLUSの専用オナホは管理人が所有しているオナホールに比べオナホ特有の灯油臭さやベタベタした感じが極力抑えられているといった印象があります。

 

装着もめちゃくちゃ簡単!

また着脱の際に気になるオナホール部分は非常に簡単なつくりになっているため、脱着から洗浄までしやすい構造になっている点がいい感じ。

こちらは実際行ったの専用オナホの取付の様子↓↓↓

時間を計測したところ取り付けには1~2分程度で可能ですね。セッティングが簡単ですぐに使えるのはgoodです!

汚れる部分は簡単に取り外せて水で洗えメンテしやすいのは衛生的にもうれしい点ですね。

 

A10サイクロンSA+PLUSでVR連動を体験した感想

A10サイクロンSA+PLUSはそのまま電動オナホとして利用しても評判が高いのですが、管理人は初めからVR連動オナホとしてA10サイクロンSA+PLUSを楽しんでいますのでその感想を。

まず、管理人の視聴環境としては以下の通り↓↓↓

VR機器として人気の高いOculusQuest2を使ってのVR連動で楽しんでいます。

OculusQuest2を使っての視聴方法については後述します。

 

視聴した作品は藤森里穂さんが出演する名作『確実に逃さない猛悪スマイル ゲーム感覚で息の根を止める顔騎風俗店 藤森里穂』です。

作品ページはこちら

こちらの作品は藤森里穂さんにじっくりとせめてもらえるM性感プレイ作品。過去購入した作品の中でもトップクラスにエロいVRで画質よく視聴できる管理人イチ押しのVR作品です。

管理人
初のA10サイクロンプレイには是非藤森里穂さんの作品と決めてました。

 

VR+A10サイクロンSA+PLUSは最高だった!

正常位や対面座位も素晴らしいのですが、中でもベストなのはフェラとバックでの挿入時ですね。これは悶絶ものでした!

女優さんの手コキに合わせてグリングリンと左右に反転する動きに自分のチンポをフル勃起。

妖艶な雰囲気の藤森里穂さんの舌の動きに合わせてA10サイクロンがリズミカルにチ〇コを刺激。映像とリンクしA10サイクロンがドゥルンドゥルンと動きだすのでめちゃくちゃ興奮します。

オナホ自体の回転も1種類だけでなく、加速したり反転したりで自分でしているオナニーと違って映像の女優さんにイカされている感じ。

やはりVR連動は凄く想像以上の快感でしたっ!

管理人
バックでの挿入の際の没入感を高めるためにA10サイクロンSA+PLUSのセッティングについてもこだわりました。

 

セッティングも重要!一段階上のオナニーを

バックでの挿入は女優さんをイカせている感覚を味わえて最高でしたっ!

女優さんがバックで前後に動くたびに小刻みにオナホが左右に回転。

それに合わせて自身の腰をサルのように前後に激しく動かすことで電動オナホプレイの桃源郷へと辿りつきました。VRということもあって臨場感ヤバ過ぎ!

立って挿入できるようにオナホを固定

セッティングにこだわった甲斐がありました。こんなプレイが様々な女優さんとできるなんてまさに夢のようですね。これは楽しいです。(セッティングについては次項にて)

管理人
バックでのピストンが激しくなるにつれてサイクロンも段階的に激しくなっていくのがいいですね。回転力もパワーがありビンビンきます!

 

A10サイクロンSA+PLUSを使ってみて気付いたこと【注意点】

VRとのオナホ連動で気持ちいいオナニーが体験できた管理人ですが使っていくうえで気づいた注意点がいくつかあります。

使って気になった3点

  1. 手持ちで使うには相当疲れる(特に夏場はキツイ)
  2. ローションは必須(かなり使うのでこちらもオススメ)
  3. 回転時かなり静音だが…(他の電動器具と比べて)

A10サイクロンSA+PLUS自体決して安い買い物ではないので出来れば長く使っていきたいもの。上記の点はNLSでの口コミでも多く見られる点。

そんな点を解決してくれる対処法またはグッズについても解説していきます。

 

1.手持ちで使うには相当疲れる(特に夏場はキツイ)

性能面、静音性においては優れているものの重量は約1.5kgほどある大型電動オナホであるA10サイクロンSA+PLUS。

使い方は人それぞれかもしれませんが、NLSの販売ページにあるように基本的な使い方は以下のような感じになるかと思います。

出典:NLS A10サイクロンSAページより

A10サイクロンSA+PLUSを口コミを調べてもわかる通り1.5kg程あるものを長時間持っている状態は正直キツイです。遅漏気味な方はかなりキツメな筋トレになってしまうかと。

寒い時期はまだいいですが、気温が高くなるにつれて汗びっちょりになってしまう方もいるかもしれません。

 

固定具も別売りであり

前項で触れた固定台についてですが、別売りでスタンドベーシックというものがあります。価格は5,900 円 (税込: 6,490 円)。

以下実際のモノと取付時の状態↓↓↓

スタンドベーシック

販売ページはこちら

テーブル取付時の状態(例)

取付方はスタンドベーシックに付属されている万力(まんりき)でもってスタンドベーシックを固定する感じ。矢印のように段階的に可動しますので好きな体勢で使うことができます。

例えば角度を変えて椅子に座った状態でつかったり、写真のように真横にして立ちバックのような感じで使うこともできますね。固定場所がしっかりしていれば激しく腰を振って…といった感じで使うことも。

管理人
実際に使った感じ両手がフリーになりしっかり電動オナホが固定されるので使用感は向上します。ぶっちゃけ価格はちょっと高いですが工夫次第ではいろんな使い方ができていいですね。

 

2.ローションは必須(かなり使うのでこちらもオススメ)

電動オナホなのでまずローションは必須。

ローションがないと摩擦で確実にチ〇コがやられます。また、長い使用時間になるとローションが乾いていくので追いローションをする必要があります。

人によって消費量は様々だとは思いますがそれでもに添付されている50mlでは数回の使用でなくなってしまうかと思います。

ちなみに公式ページで推奨しているのはこちらのローション↓↓↓

VORZE スムースローション 145ml

管理人
ちなみにローションの種類によっても気持ちよさが違ってきます。こればっかりは好みによるのでどれが良いとはいえません。各自色々試してみるといいですよ。

コスパも良いNLSの人気売れ筋ローションはこちら

 

3.回転時かなり静音だが…(他の電動器具と比べて)

実際に動かしている感じA10サイクロンSA+PLUSのモーター駆動音は確かに小さいですね。

スマホのアプリ『騒音測定器』で計測した音量の数値も記載しておきます。

モード:LED白

実測値 42~48dB程度

モード:LED水色

実測値 47~54dB程度

測定値はあくまで参考程度としてご覧ください。

A10サイクロンSA+PLUSには7つのモード(回転スピードも7段階)があり細かな回転や反転を繰り返すようなモードになるとより音が大きくなる傾向があります。

上記の測定値でもわかる通り回転のみの(LED:白)での動作音はかなり音は小さいと感じました。

 

他の連動機器の音量はどれくらい?

同じVORZEから発売されているVR連動機器『ROCKET+1D』も所有しているのでその動作時の音量も測定してみました。

モードはハイスピードモード

一番動作音が大きいハイスピードモードでの測定値は63dBという値に。

実際の使用感としてもA10サイクロンSA+PLUSはROCKET+1Dよりも静かに感じました。

 

オナホ保存状態やメンテナンスについて実践してみた

A10サイクロンSA+PLUSの専用ホールは肉厚ですごく柔らかくて気持ちいいのですが、その反面メンテナンスや保存方法も結構重要です。

管理人
オナホは消耗品。新たに購入すると1個2,500円(税込 2,750 円)もするのでしっかりメンテナンスしておくのが長持ちする秘訣です。

そこで実際に『NLSのオナホール広場』の記述を参考に実践してみました。

使用後のオナホのメンテナンスの手順としては以下の3ステップ

  1. 内部洗浄
  2. 水分吸収
  3. 乾燥と保管

実際にA10サイクロンSA+PLUSの専用ホールを使い洗っていきます。

 

step
1
内部洗浄

VORZEの公式HPよるとまず専用オナホールは水洗い可能。洗剤は中性洗剤かハンドソープを使うのが一般的とのこと。

オナホは水かぬるま湯をジャブジャブ注ぎながら、やさしく手洗い。洗った後は中がヌルヌルしていないか触ってチェックします。

注意ポイント

ちなみにオナホをひっくり返しての洗浄は破損の原因となるとの記載があります。長持ちさせたいなら裏返しはしない方がいいでしょう。

 

step
2
水分吸収

洗い終えたらオナホの脱水をします。ちなみにタオル類やティッシュなどはケバがつくのでNG。

拭く際はキッチンペーパーが凄く便利。ドラックストアなどで安く買えますのでオススメ。

オナホの内部に溜まった水分はよく振って出します。それでも内部の水分は全部出しきれないので菜箸のような長い棒にキッチンペーパーなどを巻き付けてモミモミするとある程度水分が取れますよ。

 

吸水グッズもあり

また内部の水分をとるためのグッズ(オナドライなど)もありますので紹介します。

オナドライ(実物)

使用例

オナドライはこちら

オナドライは珪藻土で作られた吸水グッズ。オナホに差し込みモミモミすると中の水分を吸水してくれます。これはオナホを洗浄する際に持っていると結構便利です。

また、NLSには生理用品であるタンポンなども役に立つと書いてありました。

 

step
3
乾燥と保管

わずかに残った水分は風通しがいいところにおいて自然乾燥させます。衛生面が気になる方は内部に除菌スプレーなどを使うといいです。

オナホによっては洗い終えた後にベビーパウダーなどをかけておくとサラサラになって快適とあるのですが、A10サイクロンの専用オナホはそこまでベタつかないので個人的には使っていません。

乾燥の際の注意ポイント

乾燥させる際下に新聞紙などを置かないこと。新聞紙のインクが映ってしまいます。

 

最後に、オナホの保管ですが不織布で出来ている『おもちゃ袋』を使うのがベストだと思います。

おもちゃ袋はこちら

不織布は遮光性と通気性に優れておりオナホのベタつきなども気にならないのでマジでオススメ。サイズは4種類あり価格も安いので一度買ってみるといいです。

ちなみにA10サイクロンの専用オナホはおもちゃ袋(中)¥170円ですっぽり入ります。

 

オナホは男にとっての大事な部分に触れるモノ。しっかりメンテナンスすることで衛生面やオナホの耐久性にも関わるのでしっかりと行いましょう!

 

もしアタッチメント類が壊れちゃったときは?

A10サイクロンSA+PLUSには壊れやすい箇所の交換パーツが売っています。

特に壊れやすいのはオナホを固定する際のピンを通す穴と以下のインナーケース(写真左)↓↓↓

専用ホールは消耗品です。

上記のように穴が欠け固定がしにくくなったり、使いすぎてオナホ自体がフニャフニャになり装着感が悪くなったりなんてことも。その際はもったいぶらずにすぐ新しいのに買い替えましょう。

 

またインナーケースにおいてはオナホのをセットするアタッチメントの爪(写真右赤丸部分)が欠ける。また、プラスチックでできているので落として割れてしまったりとよくあります。

交換パーツはかなり良心的な値段なので割り切って買い替えましょう。

交換用部品はこれ

 

OculusQuest2でもA10サイクロンSA+PLUSでオナホ連動ができるぞ!

VR機器として売上好調なOculusQuest2でもオナホ連動は可能です。

しかし、OculusQuest2ではVR映像&電動オナホを連動するためのアプリ

  • Dimension Player

が対応していないためOculusLinkを使う必要があります。

管理人
オナホ連動するにはQuest2以外に必要なものであったり、手順についてもちょっと複雑なので以下のページで詳しく解説します。
OculusLinkで体験できるアダルトVRまとめ

OculusLinkとはOculusQuest(2)とPCをケーブルで接続しPCVRデバイスとして使用できるようにするものです。 OculusQuest2の売れ行きは非常に好調で、今このOculusL ...

続きを見る

 

最後に

より気持ちのよいオナニーのためにセッティングもこだわってみましたがその甲斐あって最高でした。

VR映像とのオナホ連動は普段のオナニーの一歩先をいった体験ができるかと思います。

回転式の電動オナホを探している方は一度チェックしてみてください。

A10サイクロンSA+PLUSについて詳しく見る

-オナニーグッズ
-

Copyright© 寝ながらアダルトVR , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.